iroas

人生を満喫するのに役立つものは世の中に、たくさんあります。たくさんあるなかでも、ひとつきわ存在感を放っているのがiroas(イロアス)です。勝利の女神という名前です。ここで注目したいのは、勝利の女神だから特別な存在というよりも、誰もが勝利の女神になれる点です。勝利の女神というのは比喩ですが、人生のなかで遭遇する試練や、立ち向かう敵との戦いなどが、旅として喩えられています。なにげない日常生活の中から、ある日、始まる冒険と言っても良いでしょう。冒険は、物語のなかのものとしてではなく、日常のなかで魅力的に感じられるものと言えます。言い換えれば、子供が秘密基地を作って遊び始めるのが冒険の始まりになっていたり、夏休みに見知らぬ街へ出かけたときのような、わくわくする感動です。ハリウッド映画では、こうした魅力的な物語が多く撮影されています。映画を観ている人たちが、冒険を体験できるのは、見ているだけでも、わくわくするからです。なぜ、わくわくするのでしょうか。その答となるのがiroas(イロアス)です。

どのような状況が魅力的で、どのような出来事が気持ちをわくわくさせるのかは、十人十色です。けれども、観客として見ている分には、嬉しいことや楽しいことだけでは物語が盛り上がりません。すなわち、ハラハラドキドキする展開が必要になります。ハラハラドキドキして、わくわくする展開です。具体的に言うと、スタート地点としての日常生活があります。いつもの暮らしです。いつもの暮らしは、ちょっと退屈だったりします。平和であれば素敵ですが、もの足りなさを感じる場合があります。刺激を求めてしまうからです。物語の始まりは、どのような人であっても、まず日常生活そのものがあり、日々の暮らしに、どっぷりとつかっています。そこに新しい展開が訪れます。それが冒険への誘いです。冒険への誘いは、自分から求めて旅立つこともありますが、ふいに訪れる場合もあります。厄介な出来事に見える人もいます。いずれにしても、今まで過ごしていた日常生活とは、明らかに異なる別世界への誘惑に満ちています。慎重な性格の人が、好奇心を抑えきれなくなるような、魅力的な誘惑と言えます。

どのような魅力的な誘惑であっても、ポイントとなるのが拒絶の経験です。誘われても、断ってしまう。あるいは、望んでも止められてしまう。自分ひとりの欲求や好奇心だけではなく、周囲の反応も重要です。日常生活は、家族や友人を始めとして、さまざまな人との関わりがあります。現在の、さまざまな人とのかかわりから抜け出すのが、まさに冒険です。ですから、家族の反対や友人の反対なども、想定内の出来事になっています。もちろん、期待と不安の板ばさみで、自分が誘いを拒絶するパターンもあります。
iroas(イロアス)では、拒絶の場面に対して、第三者との出会いが待ち受けています。第三者とは、いつもの日常生活における家族や友人たちだけでなく、今までになかった出会いです。新しく入学した学校の先生との出会いも、今までになかった出会いのひとつです。第三者との出会いは、賢者との遭遇に例えられます。賢者は、実に適切で魅力的なアドバイスを示してくれます。今までの家族や友人では、思いもつかなかったような世界を知っていて、今まで聞いたことのない知識や情報を持っているからです。賢者が人間とは限りません。超自然的な現象や、宇宙からのメッセージのような異次元を思わせるイメージの場合もあるからです。いずれの場合も、賢者との出会いが、冒険に出かける準備と密接な関係にあります。

いざ冒険に出かける、それは、日常生活との別れを意味しています。いつも一緒に暮らしている家族や、一緒に遊んでいる友人たちとの別れです。けんか別れのこともあれば、名残惜しくて、しばらく互いに別れを惜しむ場合もあります。すなわち、別れは冒険への入り口です。冒険への入り口、その扉を開けてしまえば、もう、いつもの日常生活ではありません。新しく出会う人たちもいます。ただし、新しく出会う人たちは、敵か味方に分かれます。冒険では、単独行動は無理ですから、仲間との出会いとチームワークが必要になるからです。出会う相手が敵なのか味方なのかは、簡単に分かる場合もありますが、複雑で理解しがたい場合も多いです。味方だと思っていた人が裏切ったり、敵として戦っていた相手が助けてくれたり、状況によって立場が変化するからです。どのような状況にあっても味方であり続ける仲間は貴重です。競い合うライバルがよき理解者となる場合もあります。そのような状況の変化こそ、試練の始まりです。

iroas(イロアス)では、別れのあとに試練があります。試練は小さなものから、やがて大きく厳しいものになります。大きな試練に立ち向かい、戦い抜いて勝つのが勝利の女神です。ハリウッド映画であれば、ドラゴンとの戦いがイメージしやすいです。容易に解決できる試練から、厳しく困難な試練まで、人は仲間と協力して進みます。いつも隣にいる仲間だけではなく、普段は決して出会うことのない場所に隠棲している賢者や、特別な能力を持っている人から力と知恵を与えてもらいながら、試練と向き合います。特別な能力を持っている人は、見知らぬ世界の地図を持っている人や、すでに長い旅を経験している人、あるいは才能に恵まれ、鍛錬に励む人です。情報を握っている人が該当します。天文学者や魔女、あるいは神です。

人生を映画に比喩する場面は、決して少なくありません。映画のような体験、映画のような恋愛、ハラハラドキドキわくわくする体験の中に、しっかりと試練が組み込まれているからです。iroas(イロアス)での重要ポイントは、試練を克服し、勝利する点です。相手に勝つだけでなく、自分にも勝っている、その気づきこそがポイントです。なぜならば、戦いに勝つには自分の弱さを目の当たりにしなければならないことも多く、自分の弱さを見極めて、問題点を克服し、成長した人こそが勝利するからです。さらに勝利によって、人は成長します。成し遂げて、戦いに挑む前の自分よりも、大きく強く成長していると気づくからです。本人に自覚がなく、ともに戦った仲間から指摘されて初めて成長に気づく場合もあります。なによりも決定的なのは、勝利によって報酬を受け取る点です。報酬は、仕事を成し遂げた場合の給金であったり、宝物を見つけた賞金であったり、人々からの賞賛であったり、さまざまな要素を含んでいます。いずれの場合も、歓喜に満ちているのがポイントです。仲間とは、報酬を分かち合い、喜びを分かち合えます。

冒険の終わりは、旅立った場所へ戻ることです。勇者は帰還します。華々しく凱旋する場合もありますが、ひとりきりで、旅立ったときと同じ格好で自分の街、自分の家に帰る場合も多いです。帰還とは、かつて別れた人や場所との再会を意味しています。なにも変わっていないように感じられるのは、本質を見ようとしないからなのでしょう、なぜならば、勝利の女神の帰還では冒険前よりも能力や霊力を得ている場合が多いからです。

経験から人は学びます。勝利を喜びます。冒険に出かける前よりも、一段と成長しています。成長が見た目に影響して芋、見た目には違いが分かりにくくても、必ず本人には新しい力が宿されています。かつての自分とは違う、それこそが勝利の女神から日常生活に帰還してきた人の姿です。

iroas(イロアス)の存在を信じて人生の転換期にする

日本は戦後、世界が驚くほどの目覚ましい発展を遂げて、先進国の仲間入りを果たしました。物があふれるほど豊かになっただけでなく、人に親切に優しく接するということを家庭と学校教育で学ぶことができました。そのため日本では秩序が整った生活ができており、外国と比べても安全で安心して暮らせる珍しい国になっています。犯罪も少なく、血縁関係だけでなくご近所同士が助け合いをする素晴らしい生活が行われています。しかしその一方で、満たされて過ぎていることによって、日本人は他の人よりも自分が幸せではないのではないか、稼いだお金が少ないのではないかと余計なことを考えるようになってしまいました。そんなマイナスな考え方は良い影響を与える筈もなく、不安に苛まれてしまったり、大事な人と喧嘩をしてしまうということが起こってしまいます。そんな考え方を拭い去る方法として、iroas(イロアス)の存在を信じることが有効だといえます。iroas(イロアス)は、日本語でわかりやすく表現すると、勝利の女神という意味を持っています。iroas(イロアス)は、心持ちによって誰でもその微笑みを受けることが可能です。iroas(イロアス)に微笑んでもらうためには、試練に忍耐強く向き合って克服することが必要です。試練というのは、人によってそれぞれ異なっており、働くことが嫌だと感じる人は1週間のうち1日だけのアルバイトから始めることも、忍耐に向き合うことになります。それを1ヶ月だけでも忍耐づよく続けることによって、最初に働くことが嫌だと感じた気持ちに変化が出ていることがあります。それからは特別に働くことが嫌だと感じることもなく、もっと働く時間を増やしても良いと考えることがあります。それは結果的に、忍耐強く仕事をしたことによって、iroas(イロアス)が微笑んでくれたことにつながります。iroas(イロアス)が微笑んでくれたことによって、仕事に対する捉え方に変化が生まれ、立派な社会人として世間から認められたことにもつながります。iroas(イロアス)の存在を信じて忍耐強く働いたことにより、大きな人生の転換期を迎えたことになります。

iroas(イロアス)に微笑んでもらうためにできること

iroas(イロアス)は勝利の女神という意味を持っていますが、iroas(イロアス)に微笑まれた人たちは世間的な地位を獲得したり、経済的な余裕を持つようになります。誰もが成功したいという野心を持っていますが、小さな成功を手に入れることはできても、大きな成功を手にできるのは、ほんの一握りの存在だといえます。iroas(イロアス)に微笑んでもらうためには、実は日頃から正しい行動をとることが必要です。他人を貶めたり悪口を言うことは絶対にしてはいけませんし、人と競争をするときも正々堂々と戦うことが必要です。そして誰も見ていないところでも、自分が決めた目標に向かって真っすぐに進んでいかなければなりません。途中で疲れたり、他に誘惑の目が向けられて、道を脱線してしまうことは誰にでもあります。しかしそこでもう少しだけ頑張ってみようと耐えることができた人だけが、成功に近づくことができます。実際にiroas(イロアス)に微笑まれた成功をおさめた人のインタビューを見ていると、自分はどれだけ努力してきたのか、辛かったことは何かという具体的なことは話しをすることがほとんどありません。自分が努力をしてきたことは誰も知らなくてもいい、自分だけ知っていればいいという考え方があるからです。しかもその考え方は特別なものではなく、当然のことだと受け入れられているからこそ、自然にふるまうことができます。小さな成功をおさめた人が、大きな声で自分の功績をたたえていることがありますが、それは本当に些細な成功であり、これからさらに大きな成功をおさめることはできないでしょう。iroas(イロアス)というのは、誰にでも平等にほほ笑む権利を与えていますが、それが微笑まれる側がその下地を整えておくというのが大きな前提になっています。だからこそ、成功する人と失敗する人が別れてしまいます。ただ、一度失敗しても、心を入れ替えれば誰でも成功する可能性を秘めています。

  • 最終更新:2017-10-16 11:37:23

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード